オフィシャルBlog

我が家のニューフェース♡ 《NEW》

昨日やっと届きました!
パソコンや読書、勉強をするためのテーブルがほしくてあちこち探し回り、友だちと見に行ったパルコのビーカンパニーさんという家具屋さんでスタッフさんに勧められたカウンターとイスに一目惚れ♡
テーブルは組み立てるのに1時間くらいかかってしまいましたが(;´▽`A``、もうテンション上がりまくりですぅ!

by藤岡


『雨に泣いている』

東日本大震災が起きたとき、車が津波に飲み込まれる場面、海から離れた建物に突っ込んでいる漁船、津波で何もかもが破壊された港、避難した建物の屋上からマスコミのヘリに向けられたSOSの文字、…、それら全てに衝撃を受けました。
私が住む東海地方はいつ地震が起きてもおかしくないとずっと言われていて東日本大震災はとても人ごとじゃなかったのに、あれから5年以上が経って、気づけば危機感が全くなくなっています。
「雨に泣いている」のテーマは「人はなぜ過ちを犯すのか」。
主人公の新聞記者を始め、同業者や震災の被害者などの登場人物のそれぞれが、あのときこうしていれば結果は違っていたのではないかと思い悩みながら生きている姿は、ちょっと大げさかもしれませんが、私自身の生き方を振り返るキッカケになったような気がします。
そして何より、著書の中で描かれている震災時の状況がとてもリアルで、とても胸に迫ってくるものがありました。
平和な毎日を当たり前と思わず、いつ何が起きて自分がどうなるかわからないということを肝に銘じ、1日1日を大切に過ごしたいと改めて思いました。

by藤岡


ハゲタカシリーズ

真山仁さんのハゲタカがめっちゃ読みたくなって全8冊読みました☆
シリーズの1と2は前に読んでて、3は映画で観て、4は初めてでした。が、1~3の内容はほとんど覚えてなくて、4も含めて新鮮な気持ちで最後まで読めました(笑)
ハゲタカを読むたびに「あ〜、もっと世の中の経済や金融のこと知りたいな〜」と思うのですが、喉元過ぎれば……ってやつですね(^^;)
次は、同じく真山仁さんの「雨に泣いている」読みます。2011年の東日本大震災を舞台にしたミステリーみたいで、どんな内容なのか、とても興味深いです。

by藤岡


まわらないお寿司

大学時代の友人の誕生日会で、栄にできたお寿司の「うら山」さんに行ってきました(o^∇^o)
お昼のおまかせコースをお願いしていたので、何が出てくるかのお楽しみ♪
最初に牡蠣の酢の物から始まって、甘えび、いか、まぐろ、中とろ、ねぎとろ、のどぐろ、あなごなどなど(確か)12貫と、卵焼き、おみそ汁をいただきました。


追加でデザートに塩黒糖ジェラートをいただいて、お腹は大満足!(≧∇≦)
大将とお話ししながらいただくお寿司はどれもほんとに美味しくて、軽く炙ったのどぐろにお塩をちょっとかけた握りは、今まで食べた中で一番のお気に入りです♡
冬にまたみんなで食べに来ることを約束して、次はどんなネタを食べさせてもらえるか、今からとっても楽しみです


山にハマってます Vol.6『葦毛湿原~神石山』

私、湿原好きなんです♡
山登りを始めたころに尾瀬の景色を雑誌やテレビで観る機会が多くて、あの木道にとっても憧れて、それ以来、湿原萌え~♡(≧▽≦)なんです。

近場でどっか湿原ないかな~ってネットで検索していたら、豊橋に葦毛湿原があり、公共交通機関で行けるとのこと( ̄ ̄∇ ̄ ̄)
葦毛湿原だけではあっという間に終わってしまうので、ここからどこか歩けないか調べていたら、葦毛湿原から岩崎自然歩道~豊橋自然歩道を歩いて神石山(かみいしやま)までのコースをトレッキングする人が多いことがわかり、私たちも神石山まで行くことにしました☆

JRで豊橋駅へむかい、バスに乗り換えて最寄りの岩崎・葦毛湿原停で下車。
歩いて5分くらいで葦毛湿原入口に到着です♪




← 葦毛湿原の木道


念願の葦毛湿原は…

時期的に湿地はからから。草がぼうぼうに生えてるだけのちょっと残念な景色でしたが(^▽^;)、でも木道を歩けたので私的にはかなり満足です♪

湿原を抜けて、岩崎自然歩道に入り、二川TV中継所に向けて歩きます。
岩崎自然歩道は時代劇に出てきそうな雰囲気で、昔の人はこんな道を足袋で歩いていたのかな~なんて想像しながら歩くのがとても楽しかったです。

二川TV中継所でお昼ごはんを軽く食べ、豊橋自然歩道を進みますo(*^▽^*)o




時代劇に出てきそうな岩崎自然歩道 →


標高はもちろん全然高くないですし、整備もされている歩道なんですが、それでも登ったり下りたりを繰り返すのでかなりしんどいです、ヽ`(~д~*)、ヽ`

でも途中で視界が開けるところがあって、浜名湖方面への眺望がすばらしくて、一気に疲れが飛びました(@^▽^@)

そして歩き始めて約2時間、最後の心臓破りの階段(←私たちで勝手に命名(笑))を登って神石山山頂へ。
標高はわずか324mですが、とても充実した道のりでした☆

ザックをおろして写真を撮ろうとしていたら、地元の方が写真を撮ってくれて、さらに豊橋自然歩道のおすすめスポットを教えてくれました☆
今回は時間的にその場所まで行くのは無理だったので、もう少し涼しくなったら、次はその場所まで行く行程で計画を立ててみたいと思います(* ̄∇ ̄*)


← 神石山山頂。三角点があるところ


頂上にて→


あまり長く休憩すると体が硬くなってしまうので、地元の方にお礼を言って、早々に下山開始。
下りでは休憩を取ることもなく、思ったよりも早く葦毛湿原まで戻ってくることができました。

再びバスに乗り、豊橋駅へ。
駅から近くにある玉川うどん店で豊橋カレーうどんをいただいて帰ってきました(=v=)ムフフ♪
とても楽しい一日でした☆

by藤岡