検索

キーワード

種目

地区

金額

メニューを閉じる

オフィシャルBlog

中日新聞の取材を受けました

先日、中日新聞の取材を受けました。

テーマは「公示地価」です。

3月23日に公表されましたが、弊社が位置する栄地区が牽引役となり、
商業地が2年ぶりに上昇しました。


「職場に近い都心に生活拠点を求める高収入の夫婦によるマンション需要も地価の底上げに寄与している」
というコメントが取り上げられました。


しかしその一方で、1月1日の公示地価の評価時点において、
2月24日のロシアのウクライナ侵攻による地価への影響は織り込まれておりません。

また、コロナ禍で立地に依存した消費動向が否定されたことによる商業地の収益力低下の実態を、
コロナ対策によるカネ余りが覆い隠してしまいました。

公示地価などの公的評価は、あくまでひとつの指標であり、
必ずしもリアルな地価のポテンシャルを示すものではないことをあらためて認識しました。


小川 信幸


「無印良品」さんによる清掃活動

先日、弊社の周辺を「無印良品」のスタッフの皆さんが掃除してくださっていました。

「名古屋パルコ」や「丸栄スカイル」などの店長さんたちで、
お店から離れているのにわざわざ遠征してくださっているとのことです。

「無印良品」の名札やロゴマークも一切、表示していませんので、
単なるパフォーマンスではありません。

ホームページを拝見したところ、全国で活動されているようです。

いわく、
「その土地でくらす人たち、その街を使う人たち、そして自分たち自身が、心地良く過ごせるように。
地域への感謝と恩返しの想いを込めて、ときには地元の方々と力を合わせながら、街並みのごみ拾いや、そうじを行っています。」
とのことです。

打算的ではなく、本心から社会貢献を行なわれており、頭が下がる想いでしたが、
こういった活動が結果的に「エシカル消費」「共感資本主義」に繋がっているのだろうと思いました。

私も「無印良品」のユーザーですが、今回の一件で、更にファンになりました。

私たちも、ビジネスを通してお客様の問題解決を行うことで社会貢献することは勿論、
直接的にも地元に感謝や恩返ししたいという想いを強くする機会となりました。



小川 信幸


管理は利他の精神

本日、弊社が加盟する全国賃貸不動産管理業協会の
「令和3年度 賃貸管理実務セミナー」に参加しました。

2つのテーマがありましたが、最も参考になったのが
「現在の賃貸管理業をどう行えば利益がでるのか」
でした。

今年6月に「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が施行されたことに伴い、
今まで各社自己流で行ってきた管理業務が法整備されました。

弊社は管理戸数が要件に達しているため、現在登録準備中ですが、
今後、宅建同様、全ての事業者が登録しなければ営業できなくなるだろうとの見解でした。


中でも講師の言葉で最も共感したことは「管理は利他の精神」というものです。


利益だけを追求してもいずれ破綻するので、地道にオーナー様の資産価値の最大化を目指すことで、
結果的に利益がついてくるとのことでした。

やはり、管理業に王道なしということを再認識する良い機会となりました。



小川 信幸


非接触型 精肉店

弊社の管理物件「かなやま照らす」にご入店いただいております、
焼肉店様の「お肉の自販機」です。


中国で「上海ガニ」の自販機は見ましたが、
「精肉」の自販機はココが初めてです。

コンビ二も無人のお店が台頭していますが、
さすがに「精肉」は売っていません。


「○明」で買いそびれた方は、是非、お立ち寄りください!


【「みつ星」URL】
https://mitubosi.work/


小川 信幸


「レインズ」は伏魔殿!?

今朝の日経新聞で「中古住宅、データは伏魔殿」
という辛辣な見出しが躍りました。

兼ねてから「レインズ」(不動産流通標準情報システム)
をBtoBからBtoCへも開放しようという機運がありますが、
既得権益を守りたい業界団体の圧力で改革が遅々として進んでいません。

当方も仲介業者の端くれとして、「レインズ」が一般公開されたときに起こる
ハレーションは想像を絶しますが、他方、業界にどのようなイノベーション
が起こるのか見てみたいという好奇心もあります。


アメリカ在住のお客様に「MLS」という日本の「レインズ」に相当する不動産のデータベースを
見せていただきましたが、所有者の情報はもとより、過去の販売価格まで記載されており、
もはや不動産の「メルカリ」状態です。

一足飛びにアメリカのようになることは考えにくいですが、
今まで情報の非対称性の是非が問われてきた日本の悪しき商慣習を見直すべきときです。


近い将来、ユーザー同士の直接取引が一般化することを念頭に、我われ仲介業者の存在意義とは、
何なのかを常に自問自答しなければなりません。

ユーザーの良きエージェントとして、専門知識や情報を提供することは勿論、
ユーザーのベネフィットを最大化することが我われ仲介業者の使命であり、
生きる道だと思います。



小川 信幸