検索

キーワード

種目

地区

金額

メニューを閉じる

オフィシャルBlog

ぶらり名東区♪  Vol.3『coucou cafe(クークーカフェ)』《NEW》

近所に住むお友だちとケーキを食べながらおしゃべりしたかったので、ケーキ屋さんで待ち合わせしたら、今日はまさかのテイクアウトのみΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

その場で急遽ほかのカフェをネットで検索して見つけたのカフェも、またまたテイクアウトのみ(´;ω;`)ウッ…

ケーキは諦めてお馴染みのブーランジュリーダコテさんに行こうかとなって歩き始めてすぐに見つけたのが、このcoucou cafeさん( ̄▽ ̄)


一瞬、美容院か…(・・?と思って、よくよく見ると、ちっちゃく「CAFE」の文字発見!

入口のドアの横にはメニューの看板も♪

おそるおそる入ってみると、なんとまぁ、オサレな店内(⋈◍>◡<◍)。✧♡


私たちは、シフォンケーキのドリンクセットを注文しました☆

ほわほわのスポンジのシフォンと大好きなアイスコーヒーをいただきながらの、お友だちとのおしゃべりの時間はほんとに私の心を安らげてくれます(*‘ω‘ *)

家に帰ってから、このカフェを検索してみると、ランチがかなりおススメらしいԅ(¯﹃¯ԅ)

さっそくお友だちにランチお誘いのラインをしました(笑)


coucou cafe(クークーカフェ)
名古屋市名東区富が丘31-2
090-2133-1617
11:00~17:00
月曜・火曜定休


こころ新たに( `ー´)ノ

12月1日(日)に名古屋と関東で活躍されている内田好美さんの教室の発表会、そして12月8日(日)に名古屋で活躍されている鰐部泰江さんの教室の発表会と、連チャンでフラメンコの発表会でした(・∀・)
内田さんは、前回もちらっと書かせていただきましたフラメンコ新人公演で今年奨励賞をとられたのでどんな踊りを踊られるのかなというのと以前一緒に習っていた知り合いが出るということでしたので、そして鰐部さんの教室の発表会は本当に偶然チケットをいただくことができましたので、2週連続で他の教室の発表会を観に行けるチャンスとなったのです( *´艸`)
プロとして活躍されている先生方の踊りはもちろん素敵ですが、久しぶりに観た知り合いの踊りが以前よりも素敵にかわっていて、また、まったく知らない生徒さんの踊りに惹きつけられて、本当に居ても立っても居られないほどの刺激を受けました。
日常生活に戻るとすぐにがんばることを忘れてしますおバカな私ですが(笑)、また明日から素敵なフラメンコ目指して精進していこうと、こころ新たに思いました☆

by 藤岡


まる蔵ハウスライブ観てきました!

仲良くしてもらってフラメンコの踊り手さんが出演するライブをあることを知り、そのチラシを見ていると、なんと!以前から一度踊りを観てみたかった影山奈緒子さんという踊り手さんが出演されるではないですか(≧◇≦)
最近は長時間ひとつのことに集中することが難しいので、いつもの私なら1部か2部のどちらかを選んで観に行くのですが、影山さんの踊りを名古屋で観られる機会はほぼないので今回は思い切って1部2部の通しでチケットを購入しました( *´艸`)

以前にフラメンコの新人公演のことをブログで書かせていただきましたが、影山奈緒子さんも2002年に行われた第11回公演で奨励賞を受賞されています(^^)
フラメンコは民族舞踊ですのでバレリーナのような体型ではありませんが、踊り的にはかなり激しいので、第一線で活躍されているプロの方々は鍛えられたスラリとした体型をされている方が多いように思います。
そんな中、影山さんはややぽっちゃりさん体型で、「一体どんなタイプの踊りを観せてくれるんだろう」と私は期待度200%で友人とライブ会場に向かいました☆

影山さんは、スペイン語で「喜び」という意味から来ているアレグリアスという明るい曲と、スペイン語で「悲しみ」や「孤独」を意味し「フラメンコの母」と言われるソレアの2曲を踊られました♪
少ない動きのなかでひとつひとつの振りにとても重みがあって、その存在感に圧倒されました。とにかくもっともっとずっと観ていたい!と思いました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
そして、なんで今まで一度も観なかったんだろうと少し悔しくもなりました。
「追っかけたい踊り手さんがまた増えてしまったな~(笑)」と思いながら、とても充実した幸せな一日でした☆

by 藤岡


ワンディトリップ ~広島で平和について考える~

ずっと行ってみたかった広島の原爆ドームと原爆資料館へ行ってきました。

広島駅からバスに乗って、まずは原爆ドームへ。
建物の当時の名称は「広島県産業奨励館」。チェコの建築家の設計で作られていて、木造2階建てがほとんどだった中でモダンなヨーロッパ風の建築物はとても珍しく、広島名所のひとつだったそうです。
アメリカ軍は原爆投下地点を、広島県産業奨励館のすぐわきにある旧太田川にかかる相生橋を目標にしていたようですが、実際には風の影響で奨励会館から南東約160メートルの場所、上空約600メートルのところで原爆は炸裂しました。
ほぼ爆心地にありながら倒壊を免れたのは、強烈な爆風がほぼ垂直に働いたためだそうです。

ドームをぐるりと見てから、原爆死没者慰霊碑の前を通って原爆資料館(正式名称は「広島平和記念資料館」)へ。


原爆資料館には、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料がたくさん展示されていました。
爆風や熱風で歪んでしまった建物の鉄骨部分、熱線で人の影が焼き付いてしまった石段、あまりの高温に溶けてしまったビンや銅像、被爆された方が身に着けていた血がついてボロボロになった服やカバン、…。教科書やテレビなどで見たことはあったけれど、いざ本物を見ると想像を超えていて言葉を失いました。
ひとつひとつの遺品や写真・資料から、被爆された方々の無念が伝わってくる気がしました。
また、「市民が描いた原爆の絵ー記憶と向き合う」という企画展もやっていて、当事者の脳裏に焼き付いた原爆投下直後の情景を描いた絵が展示されていました。
これは本当に衝撃的でした。この絵に描かれていたことが実際にあったことなのかと思うと心が痛みました。


原爆資料館で3時間ほど過ごして、広島駅に戻りました。
まだ時間があったので広島駅にある広島焼のお店で早めの夜ご飯を食べ、さんざん迷って結局たっくさんのお土産を買い、帰路につきました。

世界平和なんていうとテーマが大きくて何をしたらいいかわからなくなってしまいますが、自分の周りにいる外国の人とコミュニケーションを取って日本を好きでいてもらうということなら私でもできることで、そういった小さなことから平和な世界が作られるのかな、と思いました。
非常に有意義な一日を過ごすことができました。

by藤岡


フラメンコ新人公演

日本フラメンコ協会主催の新人公演を十数年ぶりに観に行ってきました♪

新人公演というと習い始めた人たちが出演するイメージですが、ちょっと違ってて、プロへの登竜門となっているコンクールのようなものです(・o・)
とはいえ、厳密にはコンクールではないので順位はなく、「奨励賞」という形で評価されるんですが…(^-^;
でも、新人公演で受賞された方々はどなたも第一線で活躍されているので、受賞を目指して参加者が増え、どんどん規模が大きくなっているのです(゜o゜)

新人公演はこれからの日本のフラメンコ界を引っ張っていくであろう人たちを輩出するという点で、トップレベルの踊りがたっくさん観られる非常に貴重な機会(≧▽≦)
仕事と帰りの時間の都合で最終日だけ、出演者の3分の2くらいしか観られなかったんですが、とても内容が濃く、たくさんの刺激を受けました( *´艸`)

その中でひとり、ずば抜けて素晴らしいと思う方を見つけました!(≧▽≦)
最初から最後まで一瞬たりとも目が離せない、いや、どの瞬間も見逃したくない!そんな踊りでした♪
そして、選考の結果、私が目を奪われた踊り手さんは見事、奨励賞を受賞!
新人公演で踊りを観るまで全く名前も知らない方でしたが、自分の知り合いが受賞したくらいの感じですっごく嬉しいです!(笑)
これからライブなどに出演される機会も増えると思います。ぜひぜひ観に行きたいです(^^)

by 藤岡